子供に合わせて指導してもらいましょう

個別指導塾(1クラスの生徒数が1)

先生1人に生徒1人のマンツーマンです。
子供の成績が悪くても、良くても対応してもらえます。
問題を解いている時間もずっと見ているので間違いも指摘しやすい分、さぼることが出来ません。
継続した時間をきっちり先生と会話しながら授業を受けられますので、記憶に残りやすく質の高い授業になります。
人見知りでも慣れていくと質問もしやすくわからない問題も解けるようになります。
学力の高い子供から最下位の子供まで。
人見知りでマイペースな子供にも合わせてもらえます。
宿題をしなかったり、勉強の仕方がわからない子供など、ほとんどの子供は適しているのではないでしょうか。
ただ費用が高くなるため、受講していない科目については置き去りになるかもしれません。

講師との相性で決める

反抗期の子供は、親がいくら勉強するように言っても、反抗してしまいます。
何もいわなければ、勉強するわけではありません。
こういうタイプは、いわれるほど反抗的になり、学習意欲もなくなります。
親は感情的になりやすいので、勉強を教えるのは難しいので、塾で冷静に指導してもらいましょう。
この場合、先生の資質がとても重要になってきます。
小人数かマンツーマンでの相性のいい講師か家庭教師がいいのではないでしょうか。
勉強への自信がついていけば、反抗的な態度も徐々になくなっていきます。
自立心がないタイプの子供は、人に頼って頑張るということが出来ません。
こういったタイプの子供には、手取足取りで指導するとそのまま従うだけですので、ある程度強気で突き放すくらいに教えてくれる講師が向いています。


この記事をシェアする