子供にあった塾や学校を選ぶ

集団塾(1クラスの生徒数が10~20)

難関校の受験を対象とした場合が多く、子供に競争心を芽生えさせます。
テストや補修で成績も管理してもらえます。
競争することがプレッシャーにならずに切磋琢磨しあえる子供が向いています。
自信過剰なタイプは、多くの優秀な生徒の中でもまれることも経験になります。
しかし、成績によって授業についていけなくなる可能性があります。
学校の授業についていけないからと入塾しても同じようについていけなくなると勉強が嫌いになってしまうかもしれません。
また、消極的だとわからない問題も質問することも出来ずにそのままになってしまいます。
性格が適するのは、負けず嫌いで競争心があり、学力が平均点以上ある子供です。
反対に消極的だったり、人と合わせるのが苦手なマイペースだと適さないといえます。

個別指導塾(1クラスの生徒数が2~3)

それぞれの生徒に合わせて授業を進めてもらえます。
学力に応じてオーダーメイドで授業を受けることができます。
わからないところがあってもすぐに質問ができます。
しかし、競争できる相手がいませんのでマイペースになってしまいます。
適した性格の子供は、能力があり、成績を上げたいと思っても自信がなく消極的なタイプです。
このタイプの子供は、競争が苦手なので、集団塾には向いていません。
また、内向的な子供は苦手な教科を学校以外で補ってもらい克服すると自信をつけさせることが出来ます。
やる気や学習の習慣がない子供は、先生がついていない時間に勉強をせず休憩をしてしまいます。
授業料は多少高くなりますが、平均程度の学力で、やる気があり、教えてもらっている時間はちゃんと勉強する子供には良いかと思います。


この記事をシェアする